雨漏り工事・屋根工事

雨漏り・屋根修理 価格表

費用と成果のコスパに自信あり!

雨漏り工事・屋根修理は 「傷んだ部分の解体・工事・材料」と複数の要素から成り立ちます。 各項目の費用が掲載されていても、結局トータルでいくら掛かるのかわかりにくいです。 こちらのページでは 工事費用の参考(目安)価格と事例をあげております。

実際の工事の際には 各種保険や補助金をご利用されるお客様がほとんどです。各種保険・補助金のご利用についての詳細は こちらのページをご覧ください。

ミライ建創長崎はお値段の面でも、お客様に喜んでいただいております。

価格メニュー


雨漏り工事-価格例-

漆喰剥がれ補修工事

約5,000円~

棟面戸漆喰の剥がれを確認。部分補修で対応。

雨樋補修工事

約8,000円~

数年前からの雨樋の破損。経年による継ぎ目の緩みや穴からの水漏れを確認。壊れている部分を新しいものに変更。

コロニアル瓦棟包み板金補修工事

約10,000円~

屋根上部の棟(山部分)の修理。経年劣化のためサビ・かさぎ(下地)の腐食を確認。補修工事として同じコロニアル瓦で部品交換をし、下地も取り換え。

トップライト周辺からの雨漏り

約30,000円~

トップライト窓(天窓)周辺からの雨漏りを確認。瓦をはがし下地を交換後、再び窓周囲から浸水が再発しないよう適切な施工を行う。

部分雨漏り工事

約60,000円~

経年劣化のため下地材が破れての漏水。問題部分の下地の張り替え、桟木の打ち直し後、瓦を葺き直し。

棟瓦からの雨漏り

約120,000円~

瓦棒板金屋根経年劣化によるサビから漏水。下地材の合板を貼り、新たに瓦棒板金を施工。

瓦棒板金工事

約200,000円~

瓦棒板金屋根経年劣化によるサビから漏水。下地材の合板を貼り、新たに瓦棒板金を施工。

一部屋根葺き替え工事

約500,000円~

経年劣化による雨漏り。調査をし、雨漏り箇所が一面のみであることを確認。問題部分の屋根一面を修理。下地まで腐食していたため、下地から新たに瓦葺き替え。

2階屋根のみ葺き替え

約700,000円~

部屋まで漏水が起こっており、浸水経路を特定する為、全体を調査。問題のある2階屋根部分を、コロニアル瓦による葺き替え工事。

施工実績:雨漏り工事・屋根工事

屋根葺き替え工事(長崎市M町)

台風10号の影響で雨漏りしましたので、屋根葺き替え工事を行いました。

屋根カバー工事(長崎市M町)

屋根が老化していましたので、屋根葺き替え工事よりローコストで工期が短縮出来る屋根カバー工事を行いました。

屋根葺き替え工事(長崎市O町)

屋根の葺き替え工事をしました。
色味も変わっておしゃれになりました。

庇(ひさし)補修板金工事(長崎市S町)

台風10号の被害により庇(ひさし)が剥がれた為、下地補修後、板金工事をしました。

天井のクロス貼り替え(長崎市K町)

雨漏りで天井が傷んだ為、天井を撤去してベニアを貼りクロスで仕上げました。

棟板金交換工事(長崎市I町)

令和2年の台風10号の影響で隅棟板金が飛んだので、交換工事をしました。

棟板金交換工事(長崎市F町)

令和2年の台風10号の影響で隅棟板金が飛んだので交換工事をしました。

屋根補修工事(長崎市E町)

令和2年の台風10号の被害で屋根が飛んだので、屋根工事をしました。

既存瓦葺き直し工事(長崎市K町)

防水シートの老化による雨漏りで防水シートを貼り替えました。
既存瓦を再利用することで、コストを抑えることが出来ました。

屋根復旧工事(長崎市N町)

台風10号の影響で屋根の瓦が飛んだ為、台風に強い瓦に葺き替えました。

お電話でのお問い合わせはこちら

tel:0800-200-6633